高血圧は薬を飲まなくても解消することができます。

薬について

高血圧の治療といえば、代表的なのが食事療法や運動、またサプリメントなどを用いているという方も多いようです。また病院で処方される薬を用いている高血圧患者さんも多くいます。

これは降圧剤と呼ばれ、主に7種類に分類されています。それぞれに血圧を下げる効果を狙いますが、より高い効果が現れる場合もあれば、副作用が出てしまう例も少なくありません。

まず作用がどのような範囲に及ぶのか、また副作用は何が考えられるのかなど、患者さんごとにチェックして用いることが大切です。

高血圧の治療薬の代表とも言えるのがカルシウム拮抗薬です。血管の壁にある筋肉がカルシウムイオンによって収縮することを防ぐ、つまり血管の収縮を防ぎ、血圧降下にも役立つと言われているものです。

また、色々な系統がありますが、DHP系と呼ばれる種類は特に実感が高く、多くの高血圧患者さんが高い効果に驚くと言われています。

他には利尿系、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑え、全身のナトリウム量を減少させますが、腎機能が低下してしまうと効果がありません。

心拍量を減らしたり、体液量を減らすもの、末梢の血管抵抗を減らすものや血管を拡張するものなど、降圧剤は種類が豊富です。

血圧のレベルが高くなればなるほど、生活習慣改善だけでは目標血圧レベルを達成することが難しくなります。降圧剤で血圧を下降させ、心臓や血管に関わる大きな病気を予防することももちろん可能です。

降圧の度合いは降圧剤の種類によらず、また、高血圧の症状によってそれぞれで反応が違います。臨床例から選び出し、最適なものを用いていくことが大切です。

また、血圧は季節的に変動が起こります。例えば夏場に血圧が低下する場合は、一時的に中止を実行したり、冬になれば上昇して量を増やすなどの加減をしていきます。

現状、一定期間投与した後で1年間は問題がないケースも多いですが、その後、徐々に高血圧と診断されるレベルまで上昇する例も少なくありません。やはり定期的な診断はほとんどの患者さんにとって不可欠になります。

このように降圧剤は血圧を下げることにとても効果がありますが、実は飲み続ければ続けるほど、脳梗塞やその他の病気を引き起こしてしまうリスクを持っています。

また、薬を飲み続けていた人といない人では、脳梗塞の発症率は2倍違うと言われています。それだけ降圧剤はリスクがあり、体には負担をかけてしまっているのです。


また、医者に飲み続けることを言われ、飲み続けないと不安になってしまっている患者さんが大勢います。しかし、その中でも降圧剤を使い続けることに不安を感じている患者さんも多くいるのが事実です。

もし、あなたがこのような不安を抱えているのであれば、福辻鋭記先生の治療法を一度実践してみてください。

福辻先生は30年間で延べ5万人以上の高血圧患者さんを、薬を使わずに改善させている実績があります。高血圧は薬を飲まなくても血圧を安定させ、改善させることができる病気です。それを福辻先生が実証しています。

もしあなたが長い間、高血圧に苦しんでいるのであれば、福辻先生の治療法を実践してみてください。この治療法を実践していただければ、今後は薬を飲むことなく高血圧を改善し、元の日常生活に戻れるようになるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.