高血圧の方に知っていただきたい良い食べ物について詳しくお伝えしております。

良い食べ物について

高血圧治療の大切なキーワードが食事です。例えば塩分の摂りすぎとはすなわち食事による塩分過多でしかありませんので、まず食事を見極めることはかならず実施しなければなりません。

そして高血圧は予防が大切です。高血圧はサイレントキラーと呼ばれる病気ですから、発症しても気付かないまま過ごしてしまいがちです。

まず高血圧の方に良いとされている食べ物は、トマトや牛乳、大根、昆布などがあります。この食べ物に共通して多く入っている成分がアミノ酸です。アミノ酸は交感神経をほどよく刺激する効果があり、血圧を下げる働きをしてくれます。

またトマトは毛細血管を強くしたり、血管透過性を防ぐ効果が高い食材です。つまりトマトは血管を強くするという意味で高血圧予防に最適な食べ物です。

また大根は是非皮ごと食べるように、と医師がよくアドバイスするのは、皮にビタミンPやカルシウムが多く含まれているためです。ビタミンPはトマトにも含まれていますので、大根の皮も毛細血管を強化することが可能な食べ物です。

既に血圧が高い場合はローヤルゼリーなどもお薦めです。ローヤルゼリーにはパントテン酸が多く含まれていて、このパントテン酸が血管の壁を浄化し、このことで血液がスムーズに流れるようになります。パントテン酸は腎臓からのナトリウム排泄を促進して、血圧を下げる効果もあります。

また、ぬめぬめした昆布は食物繊維の1つである硫酸多糖を含み、血圧を下げたり、癌予防にも大変良い食材です。

他にはもやしもとても良い食材です。もやしは血管の弾力性を高めて血行を改善します。もやしは栽培がとても簡単で、無公害な野菜の代表です。マメもやしは特にたんぱく質が多く含まれています。

これらの食材をこまめに摂り、かつ塩分を抑えることが重要です。塩分を多く取ると、尿に排泄する腎臓の働きを超えて血液にナトリウムがたまり、血圧が上昇しやすくなります。

また食品添加物の多いものを気付かないうちにたくさん摂っていた、というようなことがないように、パックの食品を減らしたり、脂質の多いものやアルコールなどもできるだけ控えることが大切です。

もしあなたが、1日も早く高血圧を改善したいと考えているのであれば、福辻鋭記先生の治療法を一度実践してみてください。この方法で延べ5万人の患者さんが高血圧を改善しております。

また福辻先生の治療法は、薬を使わずに血圧を下げ、血圧をコントロールすることもできます。きっとこの治療法があなたの高血圧生活を最後にするきっかけになると思いますので、今すぐ下記より詳細を確認することをお薦め致します。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.