高血圧の方は無理に運動することはできるだけ避けてください。

運動について

収縮期の血圧が140mmHg以上ある、あるいは拡張期の血圧が90mmHg以上ある、この状態を高血圧症と言います。

高血圧の割合は40歳以上で半数以上にも達している状況です。


原因としては食生活、とくに塩分の摂り過ぎや、喫煙習慣やストレスの蓄積など、生活習慣病の多くに当てはまる原因がずらりと並んでいます。

特にメタボの方は血圧が高い傾向にありますので、運動不足の方はできるだけ早期に適度な減量を開始しなければなりません。

また肥満かどうかはBMIという基準を用いることが多くなっていますが、皮下ではなく内臓につく脂肪は特に高血圧に関係が深く、体重を減らせば必ずといっていいほど血圧が下がるとも言われています。

また、肥満が心臓や血管の病気に直結することは言うまでもありません。つまり合併症の危険が潜んでいます。おなか周りが気になる、という方の大半が内臓脂肪型である、というデータも明らかにされています。

ではどのような運動が必要なのか、まず体を動かせば血圧は上がります。温かくなってきたり火照ったり、これは血行がよくなっている証拠ですが、酸素をたくさん使う有酸素運動を習慣化させることで、血圧はより落ち着いてくると言われています。

代表的なものはウォーキングやジョギング、自転車を使ったサイクリングなどです。もしストレスが過多であれば、きついなものではなく、軽いメニューが基本です。体を動かすことでストレスを解消できれば、より効果が高まります。

リラックスすること、このためには入浴でも効果がありますし、アロマやマッサージなど、巷にあるサービスを利用したり、趣味を持つ、ヒーリング系の音楽を聞くなども有効です。

体を動かすという習慣はロコモ予防にも欠かせません。高齢化社会では1人1人が自分の健康を管理し、高血圧やロコモを予防する必要があります。

もしあなたが、長いこと高血圧に悩んでいるのであれば、福辻鋭記先生の治療法を一度実践することをお薦め致します。福辻先生は30年間の治療実績で延べ5万人以上の患者さんを改善させてきた実績があります。

きっと福辻先生の治療法が、あなたを長年苦しめている高血圧を改善するきっかけになるはずですので、今すぐ下記より詳細を確認してみてください。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.