高血圧とめまいの関係性についてお伝えしております。

めまいについて

高血圧は本来自覚症状が無い、と言われる病気ですが、一般には頭痛やめまい、動悸や吐き気などを伴うことがよくあります。

この理由は何かと言えば、高血圧自体に症状が無くても、様々な合併症の前触れとして、症状がいくつも出ることがあるということです。


つまり、血圧の高い状態を長い間放置してしまうと、恐ろしい合併症に繋がってしまうことがあると言うことです。

例えば、日常的にめまいが多い場合は、主に脳に関わる合併症の疑いが強い、と判断するのが妥当です。例を上げれば、「脳卒中」や「脳出血」など、麻痺や嘔吐、ろれつの異常など、いずれも日常生活に大きな支障を及ぼします。

また動脈硬化の表れですから、脳だけではなく心臓にも負担が重なる傾向が強い状態です。また、肩凝りや頭痛、だるさなどが起こるケースも多く、血圧が過度に高い場合は歩けなくなるくらいのふらつきを伴うこともあります。

つまり結局は動脈硬化が進み、脳への血流が阻害されてしまって、血液が不十分であること、血圧のリズムが崩れてしまい脳のコントロールがほとんど困難になってしまっている状態です。

そして、頭痛が激しい場合は脳出血の可能性も高く、できるだけ安静を取りながら早期に医療機関を受診することが大切です。

もしあなたが、長いこと高血圧に悩み、苦しんでいるのであれば、福辻鋭記先生の治療を受けることをお薦め致します。福辻先生は30年間の治療実績と延べ5万人の患者さんを救ってきたという実績があります。

また、福辻先生の治療法は薬を使わずに症状を改善させることができるため、体にも負担がかかることもありません。

脳卒中や脳出血などの恐い合併症を引き起こす前に、福辻先生の治療を実践してみてください。きっと、あなたの高血圧を改善させる第一歩に繋がるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.