関連ページです。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ

関連ページ

生活習慣を改善する

高血圧は生活習慣病などと言われ、日本人の多くの方に発症する病気ですが、一体何が原因でなってしまうものなのでしょうか。血圧が高いというのはそもそもどういうことなのかというと、心臓により多くの負担がかかっているということになります。

ではなぜ心臓に負担がかかってしまうのでしょうか。血液というのはもともと心臓のポンプによって全身に送り出されているのです。血液は液体なので、通常はそれほど強い圧力をかけなくてもしっかりと全身に流れてくれるものです。

しかし、血圧が高くなってしまった場合、動脈などに汚れなどがある、血液がドロドロしてしまっているなどの原因により、通常の圧力では血液を流すことができなくなってしまいます。

そうしますと、その血液をしっかりと押し出そうとするため強い圧力をかけなければならなくなります。これが高血圧というわけです。強い圧力をかけた分だけ心臓には大きな負担がかかってしますのです。これを長年続けていれば心筋梗塞や脳卒中などの病気になりやすくなってしまうというわけです。

ではどのようにして解決していけばいいのでしょうか。解消方法としてはまず生活習慣をしっかりと見直すということにあります。高血圧の主な原因というのは実は生活習慣なのです。生活習慣が乱れてしまっていることが原因で起こることが多いのです。

生活習慣というのは具体的にどのようなことかというと食生活や運動、睡眠などのことを表しています。これらをまずは見つめ直し、規則正しい生活を行うことであらかじめ防ぐことができるようになっているのです。

食生活の場合は肉中心ではなく野菜中心の食事をとる、運動の場合は毎日適度な運動を行う、睡眠の場合はしっかりと睡眠をとるということです。それほど難しいことではないはずなので、これを毎日続けていけば予防することが十分に可能なのですので、ぜひ実践されてみてください。

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.