お薦めサイトページです。

  • TOP
  • »
  • お薦めサイト

お薦めサイト一覧

現在、お薦めしているサイトはございません。

高血圧になると疲れやすいその理由

高血圧にかかっている方で身体が疲れやすいという場合、心臓に過度の負担がかかることが原因と考えられます。血液を強い圧力で送り出すため、心臓はたくさんのエネルギーを必要とします。

また高血圧が続くと負担が大きくなり、心肥大になったり、また動脈硬化も続きますので、ストレスも溜まり、疲労が大きくなってしまいます。

心肥大は心臓の筋肉が増えて大きくなる症状です。つまり高血圧による過剰な労働に対応しようとするあまり、大きくなりすぎていろいろな障害をもたらします。

また血管も高い血圧に対応するために壁を厚くします。この結果血液が動脈の壁に入り込み、動脈硬化が起こります。

また更年期でも疲れやすい症状が出ますが、代謝が落ちて疲労物質が血液中に溜まり、なかなか排出されなくなります。ホルモンのバランスの変化によって更年期高血圧が起こることもあり、疲れはますます増大します。

高血圧による疲れには、食事のケアが大切です。欧米型の肉類が多い食事をしている方は和食に切り替えたり、野菜、海藻類、きのこなどを積極的に食べることが大切です。また大豆系もよいと言われますが、更年期の女性にはうってつけです。

高血圧になると、心臓がダメージを受け、息苦しさや疲れやすさなどの症状に苦しみ、QOLが大きく低下してしまいます。また疲れやすいからといって運動をしないでいたり、サボるのもよくありません。

基礎代謝をアップして脂肪分を燃えやすくすれば血行も改善されます。疲れがひどくなるようなスクワットや筋トレなどの無酸素運動ではなく、有酸素運動を毎日実行し、またたまには大きな筋肉を動かしたりしてエネルギーが燃えやすくすることも大切です。

血圧が高めで普段から疲れやすい方には、福辻式治療法がお勧めの治療法です。自然療法ですので副作用の心配が全く無く、誰でも実行できる簡単なストレッチが基本になっていますので高齢者の方にもお勧めです。

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.