高血圧と通風はどちらも危険な病気ですので早めの対処が必要です。

通風の怖さについて


通風という病気は発症した人にしかその痛みは分からないと言います。読んで字のごとく、風が吹いただけでも痛いと言われるやっかいな症状ですが、通風は血液中の尿酸が過剰に増えることで起こります。

尿酸が関節などに蓄積すると炎症が起こり、激しい痛みを引き起こしてしまいます。また通風は高血圧の引き金にもなると言われています。通風の患者さんの半数は高血圧や高脂血症を併発していると言われます。

通風では血液中の尿酸が増え、高血圧では血液の圧力が増えます。つまりどちらも血管へのダメージが大きくなり、結果的に動脈硬化になってしまいます。

高血圧を併発するだけではなく、動脈硬化を起こして脳梗塞や心筋梗塞などの可能性も増加します。このようなことから血圧が気になる方は通風にも注意しなければなりません。

通風になりやすい方の特徴としては、成人男性であることや、肥満症であること、そしてアルコール好きであること、ストレス過多であることなどがあげられます。

また肥満は大敵で、高血圧を併発するリスクが増します。汗をかくと尿酸もたくさん排出されるだろう、という方もいますが、汗によって尿の量が減ると、結果的に尿酸の排出を妨げてしまいます。

通風はぜいたく病とも言われています。つまり高カロリーで高脂肪な食事を取り続けると発症しやすくなると言われていますので、これらの食事をできるだけ避けることです。また、アルコールもカロリーが高く、そして栄養分は少ないため、飲みすぎには要注意です。

通風も高血圧も、症状が進むと心血管や脳血管の重篤な病気に発展する可能性が増します。命にかかわる合併症を併発してしまう可能性が高くなりますので、減塩や食事のバランスの調整、運動習慣の維持などを含む生活習慣全般のケアが大切になります。

通風の治療をしている方で、高血圧も気になるという方には、「福辻式治療法」がお薦めです。福辻式治療法のメインは自然療法ですので、薬のような副作用の心配もなく、安心して続けていくことができます。

また血圧を正常に戻すだけでなく、同時に血管を修復し、若がえらせ、尿酸の排出もスムーズにすることができるようになります。また、この方法で延べ5万人以上の方が血圧を正常に戻すことに成功し、以前の日常生活に戻ることができています。

もしあなたが、血圧も高めだからなんとかしたいと思っているのであれば、この福辻式治療法を一度試してみてください。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている病を改善する第一歩になるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.