高血圧が引き金となって脳障害を起こす人はたくさんいます。

脳障害について

高血圧になると心臓がたくさんのエネルギーを必要とし、疲れやすくなったり、心肥大を起こしたりします。

また血管にもダメージが起こりやすく、たくさんの血液を必要とする脳にも影響が及びます。

脳の動脈が硬化すると、心臓で起こるといわれる心筋梗塞と同じような理由で脳梗塞が起こりやすくなります。

脳内部の硬くなった血管がもろくなり、圧力が高くなることでそれが破れると脳出血が起こります。また脳の血管の血栓が詰まると脳梗塞が起こります。これらの脳障害はいずれも重篤な症状を起こし、一度発作が起こっただけで命を落としてしまうこともあります。

高血圧は生活習慣病でありますが、それだけで死にいたることはありません。一番怖いのが高血圧をきっかけに引き起こされる様々な合併症です。

高血圧によって脳障害のリスクは何倍にも増えます。高血圧になった方は、脳障害に移行することを防止する治療をすることが大切です。

また高血圧で頭痛がよくあるという方は多いですが、中には高血圧緊急症と呼ばれる病気にかかっている方もいます。これは高血圧脳症とも呼ばれ、血圧が急に上がると脳の血管の働きが麻痺したり異常が起こったりすることが原因です。脳が腫れ、脳の様々な障害を起こすことになりがちです。

血圧の上昇とともに頭痛などの症状が出た場合は、すぐに横になって休むようにすることです。仕事や移動などをしている場合もまず横になり、そして上半身はやや高い位置に置くと血圧は徐々に落ち着いてきます。

脳は神経系のうちでもっとも複雑な組織で、わずかの範囲で部分的に阻害されてしまった場合も命にかかわるような重大な障害が起こる可能性が大です。高血圧の方は心臓、そして脳の障害をできるだけ阻止するために、しっかり治療を続けていかなければなりません。

当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」は、高血圧が引き起こす合併症、脳や心臓の血管性症状を心配している方にも有効な治療法です。

既に延べ5万人以上の方が血圧を下げることに成功し、合併症を引き起こす心配なく、元の日常生活に戻ることができています。

詳しい内容は下記からご案内していますので、高血圧で悩んでいる方は一度詳細を確認してみてください。この福辻式治療法を実践すれば、高血圧から開放されるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.