高血圧を改善したいのであれば降圧剤の服用を控えるべきです。

降圧剤を飲み続けることは危険です

高血圧の薬として代表的なのが降圧剤です。高血圧の初期や血圧がI度レベルの高血圧ではほとんど使用されませんが、生活習慣をいくら改善しても下がらないケースや、血圧値がかなり高いようなケースでは降圧剤を使用した薬物治療が行われます。

また主な降圧剤としては、カルシウム拮抗薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、β遮断薬などがあります。

医師は高血圧患者さんの状態をチェックしながら処方する薬を決めます。また1つの種類だけでは降圧できない場合、複数の薬を併用することもあります。

カルシウム拮抗薬は血管を拡げることで血圧を下げます。アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬は血管を収縮させるアンジオテンシンⅡの結合を阻害し、血圧を下げます。また利尿薬は尿の出をよくし、塩分や水分を減らすことで血圧を下げます。

高圧薬は血圧を下げる薬ですが、高血圧そのものを治すことはできません。つまり薬物治療によって血圧を安定させ、その上で日常生活の規則を正したり、食生活を見直したり、運動を定期的に実施するなどの自然療法と併用することではじめて高血圧の治療の道が開かれます。

降圧剤による副作用の可能性も否定できません。脳梗塞や腎臓病、うつ病などの症例も少なくありません。薬だけに頼るのが極めてリスクが高いということを、高血圧患者さんはしっかり認識しておかなければなりません。

しかし、当サイトでお薦めしている福辻式治療法では、降圧剤の薬を一切使わずに高血圧を改善することができます。

福辻式治療法は自然療法がベースになっていますので、薬を飲み続けて体に負担をかけることがありません。また、今までに延べ5万人以上の患者さんが血圧を下げることに成功しています。

ですので、あなたを長いこと悩ませている高血圧もこの治療法で改善することができると思いますので、まずは一度下記より詳細をご覧になってみてください。きっと、この福辻式治療法があなたを悩ませている高血圧を改善する第一歩に繋がるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.