高血圧と腎臓には深い関係があると言われています。

腎臓との関連性について

高血圧と腎臓には深い関係があると言われています。腎臓は人体の中でとても大切な役割を担っている臓器です。

腎臓は尿を作る部位で、不要なものを対外に排泄するために欠かせません。腎臓に流れた血液は濾過されて尿になります。


また尿細管という部位ではまだ使える物質や水分を吸収して身体に戻します。腎臓病になるとこのようなサイクルがうまく機能しなくなり、尿がしっかり作られなくなってしまいます。

また高血圧にかかっている方の約3割が「腎障害」を合併しています。腎臓が弱い方や、腎臓に何らかの病気を持っている方が高血圧にかかると、腎臓の機能はますます低下します。

また高血圧によって腎臓機能が低下し、腎臓が低下すると高血圧がひどくなるという悪循環に陥ります。

日本には慢性の腎臓病をかかえた方が1300万人以上いると言われています。また痛みや苦しさなどの自覚症状が無いため、血圧のケアはしても腎臓については放置しているケースも多いと言われています。

腎臓の不調に気がついた時には症状が進み、透析治療が必要になるケースが多いようです。腎臓病の早期発見のためには、病院で定期的に検査を受けることが大切です。

尿検査や血液検査を受け、もし血圧が高い場合はしっかりした血圧コントロールが必要です。日常的な予防法として、適正血圧などの数値を目安に毎日の血圧測定をしたり、市販の尿試験紙を使用して尿たんぱくの有無を調べることです。

病院で検査をした場合、尿検査で腎臓に明らかな障害が認められる場合、腎臓の機能が健康な人の6割未満の場合を慢性腎臓病と診断します。また高血圧や糖尿病を持っている場合は高リスクと診断されます。

当サイトでご紹介している「福辻式治療法」は高血圧で悩んでいる方にお勧めの治療プログラムです。血圧計を見るたびに不安を感じる方や、低血圧で油断している方にもお勧めのプログラムです。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、一度詳細をご覧になってみてください。簡単な運動がベースになっているとても取り入れやすい治療プログラムです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.