高血圧を改善するのに入院する必要はありません。

入院について

高血圧は自覚症状がほとんど無いと言われますが、あまりにも血圧が高い場合などは入院して治療が必要となります。

よくお酒を飲みながら一般的な生活習慣病だから大丈夫だ、などと話をする方もいますが、このような場合はまだまだ序の口と言えます。

高血圧が進行して、めまい、動悸、たちくらみなどの症状が頻発し、また生活に支障が出るようになれば、入院が必要になります。

何かのきっかけで血圧が急に上がり、ひどい頭痛が起こったりすれば、急性の症状として救急車を呼ばなければならないこともあります。

また高血圧が原因であれば、それほど長い入院には至りません。しかし、高血圧が原因で心血管系などの病気を併発した場合、点滴を打ったり、医師の処置を受ける必要があります。

医師の処置を受けて血圧が安定してくれば、退院することができますが、今後の日常生活について気をつけるべき点などをしっかりと確認することが大切です。

血圧がある程度下がったからもう大丈夫だろう、と勝手に自己判断をして治療を止めてしまう方がいますが、やめることによる再発の可能性も大きく、一度高血圧と診断された場合、継続しての治療が必要となります。

また、高血圧の怖いところは様々な病気の合併症です。心筋梗塞や脳梗塞などの合併症が起こった場合、緊急手術もあり得ます。もちろんこのようなケースでは入院は長期に及びます。

また入院となれば費用もかかります。外来で保険治療を受けている方は気になることと思いますが、高血圧で入院する場合、通常は健康保険が適用できます。

また合併症が起こって手術が必要な場合もありますが、高額医療費を申請して適用してもらうことも可能です。

たかが高血圧だとか、入院などもっての他だ、などと考えている方はとても多いようですが、急に入院しなければならなくなって焦らないように要注意です。

もしあなたが、長いこと高血圧に悩み、なかなか思い通りに血圧が下がらないと悩んでいるのであれば、「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

この治療法で延べ5万人以上の患者さんが短期間で血圧を下げることに成功していますし、何より薬を使わないので、体に負担を掛けることもありません。

きっと、この福辻式治療法があなたを長いこと悩ませている高血圧を改善するきっかけになると思いますので、下記より一度詳細をご覧になってみてください。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.