高血圧になると脳梗塞や脳出血を引き起こす確立がグンと増します。

脳梗塞と脳出血

脳卒中を予防するためには、まずその危険因子をしっかりと理解することです。いつ発症するかは誰にもわかりませんが、リスクを低減させることは可能です。

リスクを低減させるにはまず高血圧をしっかり改善すること。そして、自分は大丈夫だろうと過信をせず、自分にもいつ振りかかってもおかしくないと認識を持ち、常日頃から体調に気を使うことです。

また、自分では気が付かなくても家族などが異変に気が付くことはとても多いので、もし自分に何か異変を感じたら教えて欲しいなど、周りの協力をお願いをすることです。

また、加齢によっても高血圧、脳卒中の可能性は増します。男性のほうが女性よりも発症率が高いと言われていますが、くも膜下出血は女性のほうが多いといわれていますので、女性の方も要注意です。

高血圧の方はそうでない方と比べて脳卒中の危険性が5倍増すとも言われています。しかし、中年のレベルII程度の高血圧の方が、収縮期血圧を10mmHg下げると脳卒中の確率を4割減らすことができると言われています。

高血圧は心臓病や腎臓病のリスクも高めます。また動脈硬化は全身に起こります。硬化した血管は血栓を作り、閉塞させてしまい、脳や心臓に大きなダメージを与えてしまいます。

高血圧でなくても家族に脳卒中の履歴がある方や、日々のストレスが高い方は1日も早く高血圧を改善し、健康的な生活を送って欲しいと思います。

もしあなたが、血圧がなかなか正常に戻らないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介している「福辻式治療法」を一度実践することをお薦めいたします。

この方法で、既に5万人以上の患者さんが血圧を正常に戻すことに成功していますので、あなたの血圧も正常に戻すことができるはずです。

まずは一度詳しい内容を下記よりご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている高血圧を改善する第一歩に繋がるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.