高血圧は狭心症になる可能性を高めますので要注意です。

狭心症の恐さについて

高血圧になると、動脈硬化が進みます。また血行が徐々に悪化し、心臓の筋肉に必要な量が供給されなくなると、狭心症になるリスクが高まります。

日本人の高血圧の方は、狭心症から心筋梗塞に移行するケースが多いため、狭心症の症状が出たら要注意です。


具体的な症状としては、胸が締め付けられるような痛み、苦しさがあったり、圧迫されているような感覚を覚えたりします。この発作が長ければ30分も続きます。

また狭心症の治療法としては、抗血小板薬と呼ばれる血液を浄化させる薬や、心臓の働きを減らすベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬、ニトログリセリンなどを使用します。また高血圧がある場合はその治療も平行させます。

狭心症では応急処置も大切です。胸痛や苦しさなどの症状が現れた場合は、その発作が5分程度であれば救急車を呼ぶ必要はありませんが、夜間の発作であれば翌日中、午前中であれば午後くらいの診察を受けることは必至です。

また心臓に負担がかかるような状態であればすぐに停止することです。サウナに入っていたり、熱すぎるお風呂に入っている状態で発作が起こることもよくあります。

また発作がすぐにはおさまらないような場合はできるだけ早く緊急処置を受けなければなりません。中途半端な状態だったためにタクシーや自家用車などで病院に行く例もありますが、途中で急変することもよくありますので、できるだけ救急車を要請することです。

狭心症の発作はストレス過多や緊張の持続状態等以外でも起こります。安静時の発作を起こす例も多いため、常に注意しなければなりません。また高血圧の改善のために運動する場合も、できるだけリラックスしながらできる運動を選ぶことです。

高血圧の恐いところは、このように色々な病気の合併症を引き起こすところにあります。狭心症を発症しないためにも、高血圧の方は1日も早く治療することが求められます。

もしあなたが高血圧に悩み、なかなか思うように血圧が下がらないと悩んでいるのであれば、「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

福辻式治療法は高血圧におすすめの治療法です。また、この治療法で延べ5万人以上の患者さんが血圧を正常に戻すことに成功していますので、あなたの血圧も正常に戻すことができるはずです。

まずは一度詳しい内容を下記よりご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている高血圧を改善するきっかけになるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.