高血圧で起こる胸の痛みの症状と対処法をご紹介。

胸の痛みについて


高血圧による症状として胸の痛みが起こった場合、動脈硬化が進んで狭心症に発展することがありますので要注意です。このような症状がある方は放置しないで、できるだけ早く病院で診てもらうことが大切です。

また胸でも心臓の位置に痛みがある場合はかなり危険です。放置すれば心筋梗塞を起こさないとも限りません。

心筋梗塞の発作が起こった場合は息ができないような苦しさがあります。また狭心症の場合はそこまで強い症状は出ませんが、ほぼ慢性化して短い間隔で痛みを感じるようになります。

冷や汗が出てしまったり、胸が締め付けられるような感覚を覚えたり、ちょっときつい動作をするだけで胸が痛んだり、早朝に胸が苦しくなって目が覚めたり、背中のほうにも痛みを覚えるなどの症状がある場合は、「急性心筋梗塞」などの緊急の治療を必要とする病気が疑われます。

診断方法としては、心電図、胸部のX線撮影、血液検査、超音波検査などがあります。また問診も行われます。

症状がどれくらい続いているのか、いつから始まったのか、どのようなきっかけで起こるのか、どのように痛むかなど、詳細をしっかり覚えておくことが大切です。

高血圧は心臓病を誘発する病気の中でももっとも危険度が高いと言われています。心筋が肥大し、酸素不足や栄養不足に陥ると狭心症や心筋梗塞などの重篤な心臓病を引き起こしてしまいます。

飲みすぎや胃酸の過多などが原因で胸の痛みを起こすことが多い方などは放置してしまいがちですが、アルコールが多いのも高血圧の原因になります。

ですので、症状がひどくなったら高血圧を疑い、できるだけ早く病院を受診することが大切です。若い年代の高血圧も増えていますので、若いから大丈夫、という考えをするのも不適当です。

高血圧で胸の痛みにも悩んでいる方には、福辻式高血圧治療法がお勧めです。降圧剤を飲んだり、病院で点滴を打ったりする治療ではなく、自然な治療法をベースにしていますので安心です。

福辻式は1日5分のストレッチを通して身体を柔らかくすることで、血液の流れを妨げる凝り固まった筋肉なども柔らかくし、血行を良くして血圧を下げ、高血圧を改善しようという治療法です。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、一度詳細を確認してみてください。きっと、あなたの高血圧はこの治療法で解決されると思います。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


合併症ページ2


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.