高血圧の人に起こりやすい慢性貧血の対処法についてお話しているページです。

高血圧の人に起こりやすい慢性貧血

高血圧の方が貧血気味だ、というとなかなかおかしい感じがするかもしれません。

貧血は血液が薄くなる症状で、高血圧は血管に対する圧力が増える症状ですので、低血圧で脳への血流が少ない状態でめまいなどの貧血の症状を起こすのであれば理解できます。

しかし実際には、高血圧でこのような症状に悩んでいる方は少なくありません。高血圧の貧血には、起立性低血圧という症状が関係しています。

低血圧の一種で座位から急に立ち上がったり、布団から急に起き上がるなどした場合に起こる低血圧の症状です。つまり一時的に脳への血流が減り、脳の酸素も不足した状態になって起こります。

つまり高血圧でも低血圧でも起こることがある貧血ですが、高血圧の方は降圧剤という薬を使用することが多く、この薬によって起立性低血圧が起こりやすくなります。

降圧剤の中にはカルシウム拮抗剤を使用したものがあり、これを服用すると血管拡張作用が起こります。この作用が強すぎると、血管は拡張されすぎてしまい、その結果として、いきなり立ちあがった時などに脳まで血液を運びにくくなってしまいます。

最近は低血圧の方よりも高血圧の方に慢性貧血の症状が増えているともいわれますので、やはり薬にだけ頼ったり、医師のアドバイスを聞かずに薬だけを飲み続けることは危険です。

降圧剤はなるべく使用しないか、または医師のアドバイス通りの量を服用し、食事や運動などをしっかり続けていくことが大切です。

貧血がひどくなると、日常生活に大きな支障をきたします。座位から立ち上がることができなくなり、転倒して怪我をすることにもなりがちです。貧血は軽いものと安心していても、降圧剤の影響などから徐々にひどくなるケースが多いと言われています。

当サイトでお勧めしている「福辻式治療法」は、めまいのような合併した症状で悩んでいる方にもお勧めの治療法です。

延べ5万人以上の方が取り入れ、とても簡単に血圧を下げることができたと喜んでいます。福辻式は毎日5分の簡単なストレッチをするだけで、血圧を安定させ、高血圧を改善するとともに、高血圧が要因となる慢性貧血も改善することができるのです。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、一度詳細を確認してみてください。きっと、あなたのお悩みはこの治療法で解決されると思います。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


合併症ページ2


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.