合併症ページ2です。

  • TOP
  • »
  • 合併症ページ2

合併症ページ2

目の合併症について

自覚症状がほとんど無いことが多い高血圧は、重篤な病気に発展する可能性が大きい病気です。心臓、脳などの大事な器官に障害を起こすと1人では生活できないくらいのダメージを受けてしまいます。

また、目の病気として可能性が高いものに、「高血圧網膜症」があります。高血圧になると眼底検査を受けますが、この検査は高血圧網膜症を早期発見するためのもので、早期に発見すれば視力障害の可能性を低減させることができます。

また目が赤い場合もこの高血圧網膜症の疑いがあります。たとえば目をこすったり寝不足なわけでもないのに赤く充血して見える場合も高血圧が原因かもしれません。

充血しているのは毛細血管が広がっている状態で何ら問題はありませんが、出血している可能性もあります。出血の場合はできるだけ早く病院で診てもらい、病気によるものかどうかの検査を受けることが大切です。

他には「網膜中心静脈閉塞症」も高血圧と関係が深い病気です。網膜に血栓ができて静脈が詰まり、眼底出血を起こしてしまいます。目が充血して見えても、目を使いすぎたとか、パソコンを使いすぎた、という感じで放置してしまう方は多いと思います。

もちろんそのようなことが原因である場合も多いですが、あまりにも不自然だったり、回数が多いような場合はすぐに病院で診てもらうことが大切です。

また目が赤い方で頭痛が多いような場合も要注意です。目を休ませたり、目薬を使用したりしても効果が現れない場合は高血圧の可能性は大です。

目には血管があり、血液が流れています。高血圧の初期の場合は目の症状はなかなかでないと言われますので、ある程度進行してしまっている可能性もあります。

福辻式高血圧治療法は毎日続けるだけで、高血圧の改善に高い効果があると評判の治療法です。高血圧による目の症状で悩んでいる方にももちろんお勧めです。5万人の方が短期間に血圧を下げることに成功し、重篤な合併症の可能性を低減させています。

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.