高血圧は網膜症や網膜剥離を引き起こす原因になります。

網膜症と網膜剥離

高血圧による動脈硬化が原因となる目の疾患として、「高血圧性網膜症」があります。

この疾患では網膜の中心の黄斑に浮腫が起こる場合もありますが、初期の自覚症状はほとんどありません。

また進行すると網膜からの出血や濁りなどが起こります。また視力障害も進行し、出血によって網膜剥離が起こることもあります。

高血圧になると動脈が硬化して緊張が高まります。また血圧が上がり、眼底の動脈が細くなります。この症状が進むと網膜の出血や白斑が現れます。

高血圧の方で目に何らかの異常が起こった場合は、すぐに眼科で診てもらうことが大切です。眼科では眼底検査や眼圧検査などを行って診断します。

また治療法としては、高血圧の治療を進めると同時に、交感神経抑制薬を投与して血圧を下げたり、網膜にレーザーを照射して新生血管の発生を防ぐレーザ光凝固術等があります。

高血圧の状態が続くと、徐々に網膜の血管に損傷が増えていきます。また、網膜は外見上血管を直接見ることができる唯一の器官であり、網膜の血管の太さなどを観察して検査をすることになります。

また眼底検査は健診などでも実施されますので、高血圧の方は健診や人間ドックを定期的に受けることが推奨されます。

高血圧性網膜症の自覚症状はほとんど無いため、その根本になる高血圧の症状をチェックしていくことが大切です。主な症状としては、めまい、動悸、息切れ、耳鳴り、手足のしびれ等です。

また血圧を毎日測ることも必要です。家庭用血圧計を使用して、安定して正常血圧が維持できればまず問題ありませんが、時に最高血圧が異常値を示したり、運動やストレスなどの影響は無いと思われるのに血圧が高めになる場合も要注意です。

網膜症や網膜剥離を起こすと日常生活に悪影響を与え、今までのように楽しくてリラックスした生活を送ることは難しくなります。

網膜症や網膜剥離を既に発症してしまっている方は目の治療とともに血圧を早期に下げることが求められますし、高血圧を持っていてもまだなんの自覚症状がない方も、様々な合併症を防ぐためにも早期に血圧を下げることが求められます。

高血圧を早期に下げるのであれば、「福辻式治療法」をお薦め致します。既に5万人以上の方がこの治療法で早期に高血圧を改善し、その後も上手に血圧をコントロールすることに成功しています。

また薬は使わずに人間が本来持っている自然治癒力を利用して血圧を下げていきますので、身体にかかる負担もありません。ですから、安心して治療を進めていくことができます。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、高血圧で悩んでいる方は今すぐ内容を確認してみてください。きっと、この治療法があなたが今持っている悩みを解決に導いてくれるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


合併症ページ1


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.