高血圧と低血糖についてお伝えしています。

低血糖症について

低血糖というと、血糖値が低くなるだけで高血圧と比べたら大変な病気ではない、と考えがちですが、最近は若い方の低血糖症が増えていて、また症状がひどい方も多くいるといいます。

血糖値が低くなると、意識のレベルが低下したり、冷や汗が出たりしますが、血圧も下がっているかというと、重度の症状の場合は逆に上がることがよくあります。

これは、カテコラミンという物質が分泌されることが原因です。低血糖の方はよく、イライラが続いたり、甘いものが無償に食べたくなる、などと言います。糖分が不足しているからそれを補えと脳が指令を出している状態です。

低血糖症は糖尿病に併発するケースも多く、糖尿になると尿によって糖分が排出されますので、糖分が不足して低血糖を起こします。しかし、自分が低血糖と思っていても別の病気の可能性もありますので、一度しっかりと検査を受けることです。

低血糖症を放置すると重篤な症状にならないとも限りませんので、自己判断だけで決定するのはよくありません。

また糖尿も無くて体系も標準なのに低血糖になる方も多くいます。原因としては、菓子類や冷たくて甘いジュースの摂りすぎがほとんどです。過剰に摂取することで糖分のコントロールが難しくなって低血糖を起こします。

低血糖は食事の量が少ない方や、生活が不規則な方、インスリン治療を受けている方、肥満気味の方、アルコール摂取が多い方などに発症例が多いといわれています。また加齢とともに症状が強くなり、高齢者の場合は意識を失ってしまう方もいますので注意が必要です。

低血糖症の治療では、主に薬を使用したり、食事療法を行い症状を改善していきます。また日常生活の改善や運動なども取り入れて治療を行っていきます。

また、高血圧の治療方法にも色々ありますが、当サイトでは「福辻式治療法」をお薦めしております。この方法で延べ5万人以上の方が短期間で血圧を下げることに成功しています。

また自然療法をメインに治療を行っていきますので、副作用の心配などもありません。もしあなたが高血圧でも悩んでいるのであれば、福辻式治療法を一度実践してみてください。きっとあなたのお悩みはこの治療法で解決できるはずです。

→薬を使わずに5万人の高血圧患者を救った 福辻式治療法はこちらから

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


合併症ページ1


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.