合併症ページ1です。

  • TOP
  • »
  • 合併症ページ1

合併症ページ1

高血圧の注意点について

高血圧の注意点として、血圧が急に上がらないように行動することが大切です。日常生活の様々な場面で血圧は上がります。

また暖かいところから寒いところに急に移動するような場合も要注意です。入浴時に脱衣所で衣服を脱ぐような場合や、冬場に暖房の効いた場所から冷蔵所に入るような場合も同様です。

また緊張したり興奮したりする場面を減らすことも大切です。人前で話しをする時に上がってしまう方はできるだけ控えるようにしたり、劇場で興奮しやすい映画なども見ないことです。

ストレスが高くならないように、仕事のしすぎや運動のしすぎにも気をつけ、喫煙やアルコールの量をコントロールすることも大切です。

他にはトイレの注意点として、トイレであまり力むのもよくありません。例えば便秘の方もトイレに長く入ることがありますが、血圧上昇の原因になります。

トイレの中で脳卒中になってしまう方もいますので、便秘でも無理をしないで自然な排便を心がけることが大切です。

また起立性高血圧にも要注意です。これは急に立ち上がった時に血圧が上がることがあります。寝ている状態から立ち上がったり、長時間いすに座って仕事をしていて急に立ち上がったりすると、拡張期の血圧が急に上がります。

また収縮期血圧は下がることが多く、高齢者の場合は立ちくらみの原因にもなります。この状態で動脈硬化も進んでいる場合は脳梗塞や心筋梗塞になりやすいと言われています。

また睡眠時間を調整することも大切です。寝ている間は血圧が下がりますので、しっかり寝ることで血圧が低い時間を維持することができます。また血圧が低い時間は血管の修復も進みますので、動脈硬化の予防にもなります。

高血圧予防にも改善にもよいと言われるのが、「福辻式高血圧治療法」です。自然療法ですので副作用の心配が無く、若い方から高齢者の高血圧まで対応でき、日々簡単なストレッチを短時間続けるだけで高い効果を得ることができますので、とてもお薦めしたい治療法です。

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 高血圧を治す会 All Rights Reserved.